FC2ブログ
Top Page › 釣行 › 清水 › 正木杯(その2)

2007 · 11 · 17 (Sat) 01:18

正木杯(その2)

2年前にはじめて訪れた時は、かなりポイントは違いますが今回と同じ貯木場
で、あちこちに通称”プリン”と呼ばれるコンクリートの塔があるポイントでした。

その時は、今回の6㍍のポイントよりさらに浅かったものの直下で一般的な団子
釣りで二桁釣ることができました。
(ただし、規定サイズの20㌢以下ばかりでした(^^;)
今回も規定サイズの釣果を出された方は、大半が広角(遠投)でした。

p2IMGP0397.jpg


日・場所にもよると思いますが、撒き餌が効いているポイントであれば直下でも
小型に混じって型も釣れるようですが、やはり良型チヌが居そうな”プリン”や団子
を打っている直下の周辺を探るのがサイズアップのコツ?!

p2IMGP0404.jpg

 前のポイントでも、一日広角(遠投)で探っている姿が印象的でした。
p2IMGP0398.jpg

限られたエリアの厳しい状況下でいかに一尾を捕えるかということにおいて
あの根気の良い打ち返しは、とても勉強になりました。

p2IMGP0415.jpg
 キビレが多く上がっていました。

来年は、粘~っこい釣りでガツ~んと釣ります(^^;)

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-06-10

Comments







非公開コメント

初めはプリン?って思ってましたけど、
ほんとにプリンですね。
あの周りに良型が・・・
しかし広角を1日は、しんどいですね。
やり通すと、結果が期待できる。
私は、根気が無くなってきたからなぁ・・・
どうもさん、頑張ってー!

2007-11-20-08:40

eba http://eba-185.blog.ocn.ne.jp/blog/URL [ 返信 ]

ebaさん、どうも(^^)
ほんとプリンとは、何とうまい表現やと思いました。

厳しい時にも、何とか一尾捕らえようとする姿勢はホント凄いと思います。
それでひとたび数が出だせば、沢山釣られる方ばかりですし、、、、
来年頑張りま~す!
2007-11-20-12:41

どうも http://tinuikada.blog106.fc2.com/URL [ 返信 ]