FC2ブログ
Top Page › 釣行 › 鳥羽 › 釣物語

2009 · 06 · 21 (Sun) 21:58

釣物語

5月19日(金)、半年振りに鳥羽市菅島町の釣物語さんに行ってきました。

今回乗せて頂いたのは、”採石場前”の1~3号連結筏の1号筏です。
隣の筏には、ご夫婦の方が、そして福浦(5~7号筏)の方へも何人か行かれ
ていました。

水深は、岸向きで11m程、前方へ行くほど浅くなっており、安楽島側で13m
少々と岸に向かってかなりのかけあがりになっています。
大半の方が岸向きに構えるようですが、水深がある反対向きも面白そうです。
潮は、基本的にはよく流れるところで、複雑な地形からか数投で流れが反対
になるケースもあり、釣りにならない程早い時間帯も度々あります!
saikiseikada_convert_20090620174746.jpg


【タックル】
竿:セレクション競技 1.4m、 リール:65WーSB、針:一刀チヌ 1~3号
ライン:ボナンザ 筏チヌFC1.2号 オモリ:ラバーコートガン玉 無し~5B
撒き餌にボナミックスV!
今回は、出来立てホヤホヤの岡田工房スペシャル穂先を使用しました! 
takkuru_convert_20090620175006.jpg


まずは、魚の活性を見る為にボケ・シラサエビなどをを4B~1号錘を使って
刺し餌だけで落とし込んで見ました。
上~中層には、コノシロがおり、底ではウミタナゴが沢山居てフグも少し居る
ような感じで、これならばと丸貝にしてみますが、嬉しい反応はありません。
何投かして見切りをつけて、団子釣りにチェンジすることにします。

ベースの団子にチヌパワーを入れて水分大目の柔らかい団子にアケミ貝や
シラサエビなどをアンコにしたものを5~6個直下に落としてから準備です。

そして刺し餌をシラサエビ・オキアミ・ボケ・アケミ貝とローテーションをさせな
がら、テンポよく打ち返しますが、打てども打てどもウミタナゴやフグの餌食
となり中々本命の気配を感じることができません。

時折、丸貝で粘ってみるものの全く触る感じがなく、アケミ貝の剥き身にする
と残るような状況で、本命が居たら十分食う”間”はあるはずですが、触って
きません。

ここ最近かなり、水温が下がっているとのことで、いつまで経ってもべた底で
ウミタナゴがしっかりと食ってくるような状況です。
しかしながら、上層のコノシロや底から少し上にいるアイゴなどの活性は高く
チヌが居たら、混じってくるような状況だろうと辛抱して変化を待つことにして
打ち返しました。

そして8時45分、潮が左に良い感じで流れ出したと思ったら潮下でやや重み
がある当たりがでました。
ようやくチヌのところに、シラサエビを届けることができました!
tinu_convert_20090620174851.jpg
「よし、こっから~!」っと同じように流して行きますが、チヌ当たりが出ません。

11時頃になると1投毎に潮があっちへいったりこっちへ行ったりと菅島特有の
流れ方をして、釣りにならないような状況でややペースを落として潮が落ち着く
のを待ちます。

お昼になっても餌取りの状況は変わらず、午後からの攻め方を考えながら長め
の休憩を取ることにしました。

そして13時過ぎから再びスタート、、、団子釣りで打ち返していると少し餌取り
の様子が変わり、気持ち大人しくなっていました。
「ひょっとすると」と穂先に集中していると、今までと違う気配を感じ始めました。
しかし、本命っぽいものの当たりがとても小さく、触ったり放したりという感じで
、柔らかい穂先でないとすぐに放してしまうような感じです。
ややテンションを緩めてついていき、重みが乗ったところで大きく合わせました。

小気味良い引きを楽しみながら、姿を見せたのは30cm弱のチヌです!
サイズは、ともかく嬉しい1尾、、、「よし、遅れたけどこれからスイッチオンや」
とハイピッチで打ち返し、しばらくしてまたまた同サイズのチヌをゲット!!!

続け~っと言いたいところが、14時を過ぎると全く気配が無くなりました。

「こんなことは、あるもんや!」と言い聞かせ、夕方のスイッチオンに期待します。

そろそろ、スイッチオンやろ、、、そろそろスイッチオンやろっと15時になり16時
になりと時間だけが過ぎていきます。

最終の18時00分まで、頑張りましたが16時30分に1尾追加しただけで納竿
となりました。
cyouka1_convert_20090620175109.jpg
刺し餌は、オールシラサエビ!


採石場周り全体で、小型が5尾、、、早上がりされてた福浦の方も、同じような
状況だったようですが、45cm程の良型がいくつか混じったとの事でした。

大型を捕らえる事はできませんでしたが、採石場周りでもここ数日年無し含め
良型が、姿を見せているようです。
6月中旬だというのに未だ、デップリの腹パンだったとか?!
鳥羽周りでは、よく小型と大型は早く中型がダラダラと産卵すると聞きますが、
何やら様子が違うようです?!

1年を通じて抜群に魚影の濃いポイントなので、次回こそは、爆釣~と行きたい
ところです(~_~;)



 ↓   因みにチヌのお腹の中に入ってたものです!   ↓
ご覧の通り、そのままもう一度使える位に押し麦だらけでした。
サナギミンチも入っているものも居ましたが、どのチヌのお腹の中も刺し餌は
殆ど見受けられず、押し麦だけは沢山入っていました。
たまに予めふやかした押し麦も刺し餌に使うことがありますが、今度はこれも
しっかりと使ってみたいと思います。
osimugi_convert_20090620175200.jpg

【配合餌】
    しろまる+三重チヌ、荒引きさなぎ、活きさなぎミンチ、押し麦など。
    チヌパワーと海砂で割れを都度調整。

【渡船店】 
    釣物語     0599ー34ー2095

関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-06-10

Comments







非公開コメント

お疲れ様でした~
渋い中、きっちり釣られてますね!流石です(^O^)

型は関係なく試行錯誤して釣ったときは嬉しいですよね~
まだどこも込み潮がよくないようで・・・
2009-06-21-23:04

あきら URL [ 返信 ]

 夢物語の方でしたか・・。
活性はええのですが、特に4時過ぎからは気配感じながらよう釣りませんでした。
 押し麦は本当によく入ってますね~。でも、これを重ねて針に掛けても???1号針に一枚がええんでしょうか??
2009-06-22-13:07

僕は桃色合羽だ! URL [ 返信 ]

あきらさん、先日はお疲れ様でした!

濃い鳥羽周りですが、ちょっと大人しい状況のようです。
なにをやるのがベストか中々わかりませんでした。
居ないわけがないと思いますので、顔洗って出直しです(^^;)
2009-06-22-13:55

どうも URL [ 返信 ]

桃さん、どうもです。
押し麦はやってみるべきでした(^^;)

何度もやってみたことはありますが、細軸の小針にさせるだけ刺した方がええと思います。

しかし、最近近いところが見にくくて(^^ゞ
2009-06-22-14:03

どうも URL [ 返信 ]

お疲れ~。

どうもさん、こんばんは(^^♪
菅島、お疲れさまでした。
激渋のなか、4枚ゲット♪流石ですね。

最近の菅島は何が原因なのか分かりませんが不調ですね(泣)
早い復活を期待したいもんです。

餌の押し麦ですが、某メーカーが柔らかくしたものを売ってますよ。
2009-06-22-20:19

ちぬどん URL [ 返信 ]

お疲れさまです。

食い渋るなか試行錯誤してのチヌは価値がありますね♪
とりあえずオシムギはチェックさせて貰います(^^)
それにしても、毎回結果を出しますね~
2009-06-22-20:31

くろちゃん URL [ 返信 ]

ちぬどんさん、どうもです。
厳しい中きっちりとゲットされてましたネ!
大会お疲れ様でした。


あれほど濃い菅島なのに、、、チヌの絶対数が少ないように
感じました。
すぐに復活すると思いますので、またまた行きたいと思います。

漬けてある押し麦は、釣具屋さんで見かけました。
ブレイクするかも知れませんネ!!!
2009-06-22-20:52

どうも http://tinuikada.blog106.fc2.com/URL [ 返信 ]

くろちゃん、どうもです。
中々、どうしたら釣れるのかよくわかりませんでした。
チヌは絶対居たと思いますので、色々とまた試してみたいと
思います。
2009-06-22-21:02

どうも http://tinuikada.blog106.fc2.com/URL [ 返信 ]