FC2ブログ
Top Page › 釣行 › 的矢湾 › 有岡渡船へ

2008 · 11 · 06 (Thu) 00:31

有岡渡船へ

11月3日(日)、有岡渡船さんへ行ってきました。
8月9日に釣行した時に、気になるポイントがあったので予定しました。
ここ数日は、少し厳しかったとの事ですが、魚影の濃いところのようなので
”何とかなるだろう”と気合をいれて、通称 ”沖の筏”へとゴー!!!

船着場から、1キロ程東へ行ったところの筏に常連の方と二人で降ろして
もらいました。
水深は、約12mで潮は当日はそれ程早くありませんが、2枚潮になること
が多く、少しやりにくい時間帯が何度かありました。

目の前には、ビン玉が沢山あり、良い雰囲気が漂っています。
huukei1_convert_20081104193624.jpg
huukei2_convert_20081104193732.jpg
huukei3_convert_20081104193829.jpg

まずは、ポイント作りから、、、、少し潮が動いていたので、仕掛けを使って
シラサエビをアンコにした柔ら団子を7個程落としてタックルの準備です。
餌取りは、アジ・チャリコがいる程度でそれほどきつくない状況です。
周りを探ることはせずに最初から、柔ら団子にシラサエビを包んで打ち返す
ことにしました。
嬉しいことに30分程すると早くも本命らしい当たりが出始めました。

sakana_convert_20081104193923.jpg
障害物は筏の隅の方のロープだけなので、ゆっくりとやり取りを楽しめます。
姿を見せたのは26cm程の綺麗なチヌです。

しばらくしてまた、同サイズを追加したので、「これは行ける」と打ち返しにも
力が入ります。
しかし、そう簡単にはいかないのが、この釣り、、、、連荘で釣れるケースが
滅多にありません。
チヌの気配はあるのに群が少ないのか、食い気がないのかよく分からない
状況です。
底には、牡蠣ガラがあって這わせ釣りができない状況で少し浮かせた状態
をキープして流していったり団子が割れて上に誘い上げて、そこからゆっくり
と落とし込んでいく方法でポツポツと掛けていきました。
餌は、どうしてもシラサエビで食わせたかったのでオールシラサです。

昼頃で16尾程、、、午後からのスイッチオンに期待しました。

しかし、今日はクラブメンバーのチヌァ-氏がゼウスで頑張っている日。
時間と共にクラブメンバーからの実況メールも増え、色んな方のブログ速報
など仕切りなしに更新され大忙しです。
しかも、3位決定戦では、カクさんと壮絶な戦いを繰り広げており、大健闘!
もうとても釣りにはなりません(^^;   ファイト~!!!!! 

で、、、しばし、休憩タ~イムでパチリ↓
tagecyouka2_convert_20081104194145.jpg

興奮冷め遣らぬまま、15時頃から釣り再開、、、結構寄ってた魚がすっかり
居なくなっており、ピンピンのシラサエビが何度も残る状態です。
団子だけは打っておきましたが、少し間が空きすぎたようです。

それでも周りには居るだろうと広角釣法にするとポツポツと食ってきます。
やっぱこういう状況では、有効な釣り方のひとつだと改めて実感です。

再び、団子釣りに戻すとポツポツと拾っていける感じですが誘いまくりです。
団子が割れても当たらず、誘い上げてスローに落とし込んだり、ず~~っと
流していったりといろいろとやってみました。

16時頃から、大きめのアジが回ってきてチヌの気配が無くなり16時30分
前に竿を納めました。

tagecyoukasakanaku-ra-_convert_20081104194334.jpg
結果は、23cm~29cmが26尾でした。

↓今回使った工藤さんのナナマルスカリは、使い勝手・収納諸々抜群です。
tagecyoukasaknadake_convert_20081104194440.jpg
↑赤いのやアジも少々混ざっています(~_~;)


上がってから待合室でコーヒーをすすりながら、常連さん3人、船頭さんで
”今日はどうだった、あ~だった、、、あそこはどうだった”などなどチヌ話は
尽きませんでした。

最盛期は少し過ぎたようですが、まだまだ、数釣りを楽しめるポイントだと
思いますので、またチャレンジしたいと思います。


【配合餌】
 しろまるベースに速戦爆寄せダンゴ、細引きさなぎ、チヌパワー、活さなぎ
 ミンチ、押し麦などを配合して柔らかい団子に仕上。
  

【タックル】
 竿:ゼロ8 1.35m(穂先は岡田工房SP)、リール:アスリート競技65W
 ライン:筏チヌFC 1.0号、錘:ラバーコートガン玉6Bまで
 針:一刀チヌ1~2号 
      
【渡船店】 
 有岡渡船 0599-57-2606
関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-06-10

Comments







非公開コメント

どうもさん、おはようございます。
僕はどうしても同じ釣り方に固執してしまいがちなんですが、チヌの気配はあるけど釣れない時は、広角、誘い、流しでチヌを拾っていく事が重要なんですね。
それにしてもゼウスは全試合が接戦でしたね。とても釣りどころはなかったご様子が伝わってきました(笑)
2008-11-06-07:44

銀影太郎 URL [ 返信 ]

銀影さん、どうもです。
当たって来る時は、団子から抜けてちゃんと普通に当たってくるんですが、シラサが
そのまま残ってくる時間帯が何度もありました。
朝から団子釣りで来たので入れ食いになるかと思いましたが、絶対数が少ないのか
、、、競って食ってくるような状況ではありませんでした。
でも何とか食わせてやろうと色々とやって、イメージ通りにいったときは何とも
言えない満足感がありました。
数は、伸びませんでしたが楽しい釣りでした。

中々釣りに行く日を選べないので釣行しましたが、小浜に行っとくべきやったかなと、、、(^^;
チヌァー氏大健闘に興奮しまくり、”たら、れば”は語っても仕方ありませんがもう少しで
大舞台での表彰台だっただけに何とも悔しい想いでした。
しかし、トップトーナメンター3人に続いての4位ですので全く堂々としたもので
大、大、大拍手やと思います。
2008-11-06-08:16

どうも http://tinuikada.blog106.fc2.com/URL [ 返信 * 編集 ]

どうもさん、毎度です。
デカスカリいいですね~。
中身の釣果も、流石です。
ゼウスのチヌァーさんの結果も我が事のように気になるし、
穂先も気になるし・・・
気持ちが良く伝わってきました。
お疲れ様でした。m(__)m
2008-11-07-13:15

eba http://eba-185.blog.ocn.ne.jp/URL [ 返信 ]

ebaさん、どうもです。
デカスカリ抜群でした。
魚が悠々と泳いでいました(^^ゞ
魚に優しいスカリっすね!


ゼウスはまじで興奮しました!競技の釣りもちょっと出てみたくなってきました。
あの日しか予定出来なかったんですが、同じ日に釣りに行くもんじゃないですね(^^;)
2008-11-07-15:15

どうも URL [ 返信 ]