FC2ブログ

田畑渡船

  • 2011/05/02(月) 23:12:29

3月から好調に釣れている鵜方で、乗っ込みチヌを狙って出かけました。

23mの深場で1日頑張って打ち返しましたが、結果チヌに食わせることが
出来ずに撃沈となってしまいました!


朝方の雰囲気は、良い感じでした。水深は、朝の時点で23mで潮はゆっくり
と湾口に向かって流れています。
まずは、0.8~1号の錘にボケやオキアミの刺し餌を落し込んで様子を見て
みました。
数投しているうちにボケに反応が・・・当たりが出始めたのでドキドキしながら
、思い切り合わせてみるとちょっと大きめのフグが姿を見せてくれます。
正体は、この人だったのか~と期待外れでしたが、餌取りの活性があるなら
「チャンスはあるはず!」とダンゴ釣りにチェンジしました。

しばらくは、底でフグも当たりましたが徐々に当たらなくなり、8時頃に少し上
でダンゴを割って、ゆっくりと潮に乗せてついていくとマダイが姿を見せました。

潮は悪くないな~という感じで、9時頃の潮変わりに期待して打ち返します!
しかし、少し上でたまにフグが食ってくる位で、本命の当たりがありません。
ならばとダンゴを切って、刺し餌だけで落とし込んだり周りも探って見たりと
しますが、やっぱり本命からのシグナルが感じられません。

昼前後も変わらずで、16時頃の次の潮変わりに的を絞ってステージ作りに
徹することにしました。

湾口に向かう潮に変わり、超集中して打ち返しますが最終までチヌの口に
餌を届けることが出来ませんでした。

全体的に厳しい日だったようですが、湾内では48cmの良型が出ていました!

ikada3_convert_20110430212801.jpg
ikada2_convert_20110430212722.jpg
kase_convert_20110430212958.jpg

魚影の濃い鵜方・・・
居ないはずは絶対に無いと思いますので、次回こそは「何とかひとつ!!!」


【渡船店】 
 田畑渡船      090-7685-2534

【タックル】
 竿:Tsukasa Sp1.35m、岡田工房 1.55m、リール:アスリート競技
 ライン:筏チヌ ボナンザ FC 1.7号、錘:ラバーコートガン玉 無~3B
 ラバーコートワリダマ 0.8号、針:一刀チヌ3号、鬼掛オキアミ3~4号

【配合餌】
 しろまる+三重チヌ、米糠、荒引きさなぎ、濁りダンゴ、押し麦、海砂
 ダンゴにボナミックスVを”1目盛/半日”を海水に溶かして混ぜ込む

スポンサーサイト