なかよし渡船

  • 2009/05/31(日) 08:37:54

5月29日(金)、三重県鳥羽市浦村町のなかよし渡船さんに行ってきました。

低気圧接近&停滞で、前日は出船を見合わせた渡船店さんも多くあり、次の
日も危ぶまれましたが、ダメもとで行ってみることにしました。

それなりに覚悟して行ってみるとご覧の通りの凪です↓ 
うねりもなく、朝の時点では風は無風状態、、、行ってみないとわからないもの
で、逆にもう少し”うねり”と”風”が欲しい位の上天気です(~_~;)
syusenn_convert_20090530151808.jpg

ここ数日の釣果を聞いてみるとサイズ的には、割とはっきりしていて大か小で、
楽しみにしている”中”は、やや少ない目ということでした。
最近の傾向、、、どうやら中型は、未だに産卵しているものが居るようです。  

今回も船頭任せ、、、、「筏でやってみて!」ということで昨年秋に一度乗せて
もらったところでやってみることにします。
              <大村の筏>
kakiikada_convert_20090530151622.jpg
ところが、目の前で牡蠣筏の入れ替えをやられて見えたので、釣りにならない
時間帯が朝早くから続き、こればかりは仕方ありませんが、一時はどうなるか
焦ります(~_~;)
流石に一日やられたらきついだろうと船頭さんに確認、、、「大丈夫、そんなに
長い時間はやってませんよ~!」ということで一安心(^^♪


【タックル】
竿:セレクション競技 1.4m、 リール:65WーSB、針:一刀チヌ 1~3号
ライン:ボナンザ 筏チヌFC1.5号 オモリ:ラバーコートガン玉 無し~6B
撒き餌にボナミックスV 
takkuru_convert_20090530151836.jpg

前回の本浦(4月24日)は、3月頃からするとすっかりと餌取りも増えてきて
餌取りに混じって、チヌが釣れるという状況でしたが、今回はさらに餌取りも
増えており、柔らかい餌で通していていいものかと迷うような一日でした。

いづれにしても餌取りも活発なので、チヌの気配さえあれば何とかなるだろうと
色々とやってみることにします。

いつもならモーニングは数投か、やらないことも多いですがぶっ飛びの潮という
こともあり、少々重めのゴム張りオモリをつけて刺し餌だけで探ってみます。
tinu_convert_20090530152541.jpg
ややしつこくやっていると、、、、いきなり、まずまずのサイズ(^^♪
tinu42_convert_20090530152628.jpg

それからは、しっかりと団子を打って餌取りの様子・変化を見ながら刺餌を色々
と変えてみてチヌが食ってくる餌・パターン・場所を探ります。

やっぱこれからの時期は、これは↓外せませんネ~!!!
tennisn_convert_20090530152712.jpg

お昼頃にパタパタ~という感じで、後半の特に込み潮はもうひとつというところ
でしたが、色んなことをさせてくれた本浦のチヌと楽しくお付き合いできました。
tinucyouka3_convert_20090531070847.jpg

そろそろ、元気印の若武者達の引きが、たっぷりと楽しめる時期に入っていく
と思いますので、これからが益々楽しみです(^-^)v


【配合餌】
    しろまる+三重チヌ、荒引きさなぎ、活きさなぎミンチ、押し麦など。
    チヌパワーと海砂で割れを都度調整。

【渡船店】 
    なかよし渡船 090-7950-2104



スポンサーサイト

本浦へ

  • 2009/05/29(金) 13:28:40

今日は、本浦へ来ています。
朝は、驚く程穏やかでしたが、昼前から東の風が吹いてきました。
20090529102559

朝方、ボケでひとつ(^-^)v

その後ポツリポツリという感じです!

紀州釣り

  • 2009/05/25(月) 21:40:27

ちょっと早い?かも知れませんが、自宅近くの海(JFEテトラ前)に紀州釣りに
行って見ました。
朝飯位までなら皆寝てるやろし、、、ということで早朝から自宅を脱走(^^;

最近の様子はよく分かりませんが、とりあえずくわせオキアミとシラサを30匹
づつ持って出動です。

jfetetora1_convert_20090523092200.jpg

長竿・ウキという違いはあるものの、基本的に短竿の筏釣りも紀州釣りです。
かなり勝手は違いますが、団子を使うというところは全く同じで妙にしっくりと
くるものがあります。


団子は、下津釣行の残り(しろまる+三重チヌベース)にチヌパワーを混ぜて、
遠投が出来るように粘りを持たせて、いざスタートです!
danngo_convert_20090523092325.jpg

昨年の雰囲気を思い出しながら、オキアミとシラサエビを交互に包んで、思い
切り潮上に投げて、握り加減・水加減を調整しながら様子を見てみます。
しばらく流していくとウキがスーッと入っていき、「これは、もしや?」、と思って
合わせてみますが、残念ながら空振りです。
最初は、魚かと思いましたが、ところどころに海草があるようで、団子が割れて
、流れていくと引っかってしまうようです。

潮の流れと引っかかりとエサ取りとミックスして、当たりがよくわかりません。

それでも何投かしていると、徐々に見分けもつくようになり引っかかりは無視を
して、はっきりとした当たりだけを取るようにしました。
少し手前のポイントで、手元まで伝わる当たりがありましたが、犯人はこの人↓
でした。
gure_convert_20090523092405.jpg

8時頃まで頑張って見ましたが、時折グレが姿を見せるだけでチヌの姿は見る
ことが出来ませんでした。

後で紀州釣りをされる方に聞いてみると、例年からすると決して早すぎることは
ないようですが、今年はやや遅れているとのことでした。

次回に期待してテトラ前を後にします、、、この日テトラの間にウキを落としてし
まったので、次に日にフィッシング遊で新しいウキを購入することにしました。
前から気になっていた寝ウキが目に着いたので、良い機会だと思って仕掛け・
使い方などを教えてもらい、次回使ってみることにします!
浮き止めを使わないこの仕掛けは、棚を取る必要はないので楽だと思います
が、はたしてどんな感じで当たりがでるのかとても楽しみです。

カラス貝の落としこみも気になって、子守がてら夕方もう一度近くのポイントで
やってみましたが、こちらも不発に終わりました(~_~;)

まだまだこれからが本番だと思いますので、今年は、初夏~秋にかけて、筏に
加えて、紀州釣りや落とし込みもしっかりと楽しみたいと思います(*^-^*)

岡田工房へ

  • 2009/05/22(金) 20:38:37

一昨日、久しぶりに岡田工房へ行って来ました。

そろそろ、穂先の様子も見たいし、喋りたいし~、、、、と思ってたところに、
ブログにコメント頂いた方が、竿を見に来られてるところだと連絡をもらい工房へ!

何と京都から見えており、すでに竿の話ですっかり盛り上がっていました。


素材選び、削り方、調子のとり方、塗り等々話は尽きぬ、、、という感じです。
竿も手がけているということで、いつも岡田工房に任せっぱなしの私からすると
その熱心さにただ驚くばかりです。
okadakoubou2_convert_20090521004834.jpg
すっかり整理された工房は、随分と広くなっていました!


現在、製作途中の竿もちらっと見せてもらいました!
okadakoubou3_convert_20090521004935.jpg
穂先を収納出来る”こだわりの竿尻”です! 
okadakoubou4_convert_20090521005011.jpg

またまた、すっかり話し込んでしまい、いつもながら日付が替わりそうな時間まで
、まったりとチヌ談義となってしまいました(*^-^*)

新しい発見や目から鱗話も色々と聞かせてもらうこともでき、やっぱ色んな方と
話ができるというのは、本当に素晴らしいものだと実感です(-^◇^-)

お昼休みに!

  • 2009/05/21(木) 20:01:12

今週は、四日市の霞地区で仕事なので、いつもながらお昼休みに
なると、自然に足が海に向いてしまいます。

手前のポイントでは、連日イカ釣りでズラリと車が並んでいます!
今年は、もひとつの釣果だそうですが、スカリにはコウイカ(スミイカ)
がしっかりと入ってました!
アオリも絶品ですが、コウイカもこれまた絶品です!!!
20090520124823


いつも年無し級が見えているマリーナの所は、まだ姿は見えません
が、周りには沢山カラス貝が付いて良い雰囲気です。



一番先端では、少ないながら紀州釣りをやってる方が見えました。
お昼の間だけなので、詳しい状況はわかりませんでしたが、何度か
鋭い合わせが入っていました!
20090520124113


先日の下津釣行でも刺激を受けましたが、そろそろ紀州釣りもしたく
なってきました。
昨年は、数回しか行けなかったので、今年は自宅近くのポイントで、
じっくりと紀州釣りもしたいと思います。

シモツピアーランド

  • 2009/05/18(月) 23:47:59

5月16日(土)、クラブメンバーの川村さんと和歌山県海南市のつり公園シモツ
ピアーランドに行ってきました。
昨年の5月10日の下津初釣行では、40cm交じりでいくつか楽しめたので今回
もワクワクドキドキのプチ遠征です。
鈴鹿を2時過ぎに出発して200kmの道のりを名阪国道と高速を使って2時間
程で到着しました。

現地に着くと沢山の車が列をなしており、すでに人の行列が出来ています。
筏のチヌ釣りは、私達含めてたったの4人と少なく、相変わらず紀州釣り・ウキ釣
りが大人気です。
kuruma_convert_20090517191552.jpg


筏は陸続きとなっているので、少し距離はありますが荷物を何回かに分けて
運べたり、忘れ物をした時もすぐに取りにいけるので安心です。
トイレや休憩や着替等もできるのでファイミリーや女性にも嬉しい釣り場です。

昨年は、悪天だったためか休日でも筏は、殆ど貸切状態でしたが、今年はとに
かく筏も人・人・人という感じです↓
先端の4号筏には7名で、チヌ釣りは私達含め4人でサビキ釣りの方も見えます。
ikada_convert_20090517190957.jpg

隣の筏では、アジのサビキ釣り大会でワイワイと盛り上がっていました! 
陸続きの釣り公園ならではといったところでしょうか?!色々な釣りスタイルが
混ざっています。
sabikitaikai_convert_20090517191652.jpg

準備を済ませて、5時過ぎからスタートです。(川村さん↓)
ikada2_convert_20090517191135.jpg


川村さんと横並びで陸向きに構えて、早速釣りの開始です。
水深は、朝の時点で9mで潮は桟橋の方向にゆっくりと流れています。
まずは、アケミ貝・シラサエビ・オキアミをアンコにした柔らかい団子をそれぞれ
3~4個、底撒き器を使って正確に直下に落とし込みます。
最近の状況から、数的には厳しそうですが大型が来るかも知れないとのことで
ラインは、1.5号を選択。
団子釣りの前に直下及び周りに5B~0.8号の錘を使って刺し餌だけでボケ・
シラサ・オキアミを落とし込んでみます。
着底してしばらくすると”ビビッ”とした当たりがあり、合わせてみるとフグが姿を
見せます。

底は、エサ取りはきつく無い感じなので、充分チヌが食う時間はある状況ですが
、中々本命の気配は感じられません。
そして底から少し上~中層は、沢山アジがおり早々に団子釣りに切替えること
にして、まずはボラを寄せるつもりでハイペースで打ち返します。
隣の川村さんも同じような状況で、エサ取りがいる程度のようです。
周りでは、アジ釣りの方は順調に竿を曲げている姿が見えますが、チヌ狙いの
もう一組の方も、私達と同じような状況でチヌの気配は無いようです。

周りの状況から午前は、手は止めないものの少し様子を見ることにして、この際
、以前から気になっていた団子の割れ具合の調整をじっくりとやってみることにし
ました。
多分行けるだろうと思っていた配合で、実際にやってみると予想に反することが
色々とあり、「やっぱり実際にやってみるものだな~!」と改めて実感です(~_~;)



キャンセルがあったので昼過ぎから、川村さんと沖向きにポイントを移動すること
にしました。
再び、ゼロからスタートすることにして夕方の時合に備えて組み立てなおしです。
直下に団子は打ちつつ、周りを探ってみると3~5m前方でシラサエビにチャリコ
が、頻繁に当たってきます。


夕方、川村さんの竿がええ感じで曲がりましたが、残念ながら↓この人でした。
kawamurasann_convert_20090517191257.jpg

ようやくアジやフグ以外に鯛のお出ましに「次は、チヌや!」と気合を入れます。

夕方にかけて、アジも姿を潜めはじめ、周りではボラも掛かるようになり雰囲気
はありましたが結局、最後まで本命を捕らえることは出来ませんでした。


因みに!
大人気の紀州釣りは、とにかく人だらけでもう殆ど釣りをする場所もないという
感じです。
kisyuu1_convert_20090517191344.jpg

昨年の連日300~400尾という釣果からすると、今年は少し厳しいようでした
が、二桁釣果の方も何人か見えて、全体では70尾と釣れていました。
kisyuu2_convert_20090517191430.jpg

和歌山まで来て手ぶらも何なので、アジ7~8尾とチャリコは1尾だけお土産に
することにしました(^^;
因みにアジは絶品で、うちのチンタ君達も大喜びでした(^^♪
sakana_convert_20090517191809.jpg

帰りは、昨年も寄っためちゃ旨の天理ラーメンで腹ごしらえをして一路三重へ!
手前が”大”で向こうが”小”です、、、まだこの上のサイズがあります(°o°)
saika_convert_20090517191729.jpg


残念ながら、チヌの顔を拝むことは出来ませんでしたが、チヌは沢山居るはず
なので、またまた顔を洗って出直しです。
来年は、夕方から並んで紀州釣りも有りかなっと、、、ちょっと浮気心も(~_~;)

次からは、再び三重で修行、、、ぼちぼち産卵後の荒食いも始まりそうです!


【タックル】
 竿:セレクション競技 1.4m、 リール:65WーSB、針:一刀チヌ 1~2号
 鬼掛シラサ用1~2号、ライン:ボナンザ 筏チヌFC1.5号 オモリ:ラバー
 コートガン玉 無し~6Bと0.8号    

【配合餌】
 しろまる+三重チヌ、荒引きさなぎ、活きさなぎミンチ、押し麦など。
 チヌパワーと海砂で割れを都度調整。

【つり公園シモツピアーランド】
  073-494-0940


下津

  • 2009/05/16(土) 10:11:04

今日は、クラブメンバーの川村さんと下津釣り公園に来ています!

アジが入れ食いです(^^;)

20090516094530


厳しい状況ですが、夕方にかけます!

イソガニ

  • 2009/05/15(金) 18:51:00

今日は、たまたま休みが取れましたが、スクランブル発進は我慢してゆっくり
と準備をすることにしました。

夕方、配合餌(団子)やボケ諸々買いに行きがてら、ちょっと近くの海を覗いて
見ました。

huukei_convert_20090515173946.jpg

ちょっとした砂地を見つけたので、スナガニでも居ないかと見てみると穴が見当
りません。
ならばと、、、石をめくってみるとやっぱり居ました。
イソガニ君です、、、活躍してくれる事を期待して10匹程連れて行くことに!!!
isogani_convert_20090515174458.jpg

明日は、久しぶりのプチ遠征、、、状況は厳しいようですが、ワクワクドキドキ!

準備は、万端、、、何とかチヌの顔を拝みたいところです(^^;

イソシジミ?!

  • 2009/05/10(日) 02:20:03

土曜日は、筏釣行切符は発行されましたが、諸々有り出撃を断念しました。

しかし、天気は、最高~!潮まわりも最高~!!!
とにかく海に行かないでは、居ても経っても要られません
またまた子守を兼ねて、久しぶりに自宅から車で15分程のところにシジミ捕り
に行くことにしました。
我が家では、アサリよりシジミの方が断然人気があります。
ちょっと嬉しいことにシジミの居るところには、きっちりイソシジミ?も居ます(^^♪

絶好の天気と大潮ということもあって、アサリが捕れるところは、どこもかしこも
人だらけですが、シジミのポイント結構ガラガラです。
kaihiroihuukei_convert_20090509194531.jpg

我が家のチンタ君は、とにかく海が好き、、、早速、スコップで掘り始めます。
kaihori_convert_20090509194640.jpg

どんなもんかとゴソゴソとやってみると、ポツポツとは居ますが例年のように
ゴロゴロ居るという感じではありません。
よく来ているという人に聞いてみると、年々減ってきているということでした。
因みに私たちが、ここらで捕ってるシジミは、”ヤマトシジミ”のことです。
yamatosijimi_convert_20090509195428.jpg

シジミの居るところから、さらに深く掘るとイソシジミがボロボロと出てきます!

そうです、イソシジミとは、私達チヌ釣り師にとっては切っても切れない餌、、、
アケミ貝のことです(^^♪
結局、シジミはあまり捕る事はできませんでしたが、アケミさんはちょっとした
時間でご覧の通りです。
途中からこちらがメインになってたかも知れませんが、、、、、(~_~;)
akemi_convert_20090509194730.jpg


帰りがけにふと足元をみると穴があったので、スコップでひとすくいすると
”すながに”が姿を見せました。
sunagani_convert_20090509195128.jpg
これもチヌ釣りでは、おなじみの餌になります。特に夏場に抜群に活躍して
くれる”すながに”君です。
チンタ君が持って帰りたいというので、観賞用に2匹だけ持ち帰りました。
sunagani1_convert_20090509195334.jpg

貝拾いは、種類を問わずホントに楽しいもので、つい子供そっちのけで夢中に
なってしまいます。
2時間程の僅かな時間でしたが、しばし子供に返ったような感じでした(^Q^)

弁当を持ってお昼を楽しむファミリーも来られていましたので、次回は弁当も
持参して、もっとゆっくりと楽しみたいと思います。


そろそろ難しい時期に!

  • 2009/05/08(金) 23:59:33

最近は、20℃を超える日も多くなり、シラサ君を長く生かせておくのがとても
難しい時期になってきました。

前回釣行の残りを、久しぶりに以前に使っていた大型の容器に移し、フィルター
もつけてみましたが、GWの前半の気温の高い時期に全滅してました。

湧き水にでもつけておくか、毎日、水を替えるかすればかなりの期間大丈夫だと
思いますが、実際そういう訳にもいかないので一般的な設備では限界です。
sirasa1_convert_20090420060030.jpg



これは、小さなタッパに数匹を入れて冷蔵庫に入れて置いたシラサ君です。
藻だけ入れて、餌は殆どやってませんが、もう何ヶ月もずっとピンピンしています。
藻は食べていると思いますが、低水温と充分な酸素があれば、何日でも元気で
いてくれます。
sirasareizouko・狙convert_20090504122910

これからの時期は、さなぎ・丸貝・カニ・コーンなどが主体になる時期ですが
真夏でも、シラサ君がばっちりと活躍してくれる場合は結構あるので、残った
シラサ君、、、何とか次回の釣行まで生きてて欲しいものです。


ザリガニでチヌ!

  • 2009/05/06(水) 22:30:29

休みの日になると、チンタ君を連れてすぐ近くの田んぼに散歩がてら
ザリガニ捕りや虫捕りによく出かけます。
このGWも天気の良い前半に、タモとバケツを持って2回出かけました。
この時期は、結構手頃なサイズ?が居ます。

タモが効率よく捕れますが、面白味にかけるのでたまに割り箸の竿に
糸と針を付けて、煮干などを餌に釣スタイルで遊ばせることもあります。

20090502100446

チンタ君はもっぱら真っ赤っかのデカイやつ狙いですが、私はどうしても
チヌの餌になりそうな小さいサイズに目が行ってしまいます(~_~;)
筏で試したことも何度かありますが、釣れないかと思いきや?ちゃんと
チヌは釣れました!

20090502103133

子供の頃は、ザリガニのお尻の部分の身だけをタコ糸でくくって落とし
込むだけで充分に釣れました。今でもそれで充分釣れると思いますが!
20090502100314

筏にもたまに何匹かもっていくと面白いかも知れません!
串本辺りで真っ赤っかのデカイやつでやったら、ナナマルサイズの
モンスターチヌが来ないでしょうか(~_~;)

LIMITED 65WーG競技

  • 2009/05/05(火) 10:13:13

先日の本浦の釣行で、朝早くにスプール止めネジを落としてしまいました。

何投目かで、「ポチャ!」と音がしたと思ったら、、、、、後の祭りでした。

割りとマメに塗料(ペイントなど)は塗ってたつもりでしたが、すっかりと落ちて
しまってたようです(~_~;)
新しいうちは、しっかりと塗料が効いて落ちることは早々ないと思いますが、
何度も使っていると緩くなってしまいます。

ri-ru1_convert_20090504122748.jpg

この止めネジの強弱でスプールの回転をコントロールできるので少し回転を
セーブしたい時には、ありがたい機構です。
マメに予め塗料・ペイントをしておくしかありませんが、ひとつ予備も持って
おけば安心です。

最寄の釣具店さんに頼みましたが、何日かしてそういう話をしていたら、”えさ
きち”さんでは常備されていると聞きました。
通常、頼んでから1週間~10日程かかると思いますので、これなら釣りの帰り
に買っていけるのでとても助かります(^^♪
supu-rudome_convert_20090504122833.jpg

~そういえば~
先日のフィッシングパーク千賀さんでは、7~8年前に朝一にデジカメを落として
一日ブルーだったことがあります。
新調したジャンパーのポケットに入れいて、ファスナーを閉め忘れて水を汲もうと
前かがみになった瞬間のことでした。
いつもと勝手が違うような時に”落としたり”、”忘れ物”をしたりとうっかりやって
しまうように思います(~_~;)

三重県チヌ連盟春季大会

  • 2009/05/01(金) 21:04:08

4月26日(日)、千賀フィッシングパークさんで三重県チヌ連盟第10回春の
大会が開催されました。

今回は、のっこみ時期の春の大会なので、2尾の長寸で賞を競います!!

低気圧通過後の日となり、最終まで竿を出せるのか心配になるほどの大風
でしたが、かろうじて予定時刻まで筏に乗ることが出来ました(^^;


受付風景、、、、、今回は、桑名ちぬ倶楽部(永田会長)の幹事運営です。
uketuke_convert_20090429212922.jpg

久しぶりに顔を合わすクラブメンバーや釣友とも会話が弾みます(^o^)
mennba-_convert_20090429215712.jpg


この模様は、三重テレビ放送 速報!フィッシングポイントで放映されます!
satuiei2_convert_20090429213827.jpg


さ~て出船です、、、青ちゃん、岡ちゃんもVサインで気合が入ってます!
syussenn1_convert_20090429214759.jpg

チヌストーリーの近藤さん、久本さん、、、、、盛り上がっています(^^)
syussenn2_convert_20090429214902.jpg



6号筏には、杉下会長、レポーターの萩原 香さん、川喜田さん、中西さん
ikadahuukei_convert_20090429215049.jpg


私達は、5号筏です。↓

アケミ6kと気合の川村さん、、、、、そういえば、昨年の春の大会も同乗でした。
kawamurasann_convert_20090429220244.jpg

はじめてご一緒させて頂いた、チヌ研伊勢の新井さんです!
tinukennise_convert_20090429222044.jpg

ご存知、チヌァーさんです、、、いつもながらバチッと決まってます!
tinasann_convert_20090429220424.jpg


朝のうちは、まだ充分釣りにはなる状況ですが、午後からは14mの大風の
予報です。
何とか午前に釣果を出しておきたいと、早々から攻める方向で組み立てます。

前日の大雨(荒れ)で、いい感じの濁りが出ており、高活性を期待します。
ところが予想に反して、大半が刺し餌が残るような状況で厳しいスタートです。
とにかくピッチを上げて、早く寄せるように打ち返します!

隣の川村さんは、当たりがあると頻繁に合わせが入ります。
ヘダイのようですが、こちらとは全く様子が違い魚の活性は高そうです!
後ろのチヌァーさんも活性は低そうで、あの手この手と攻めますが、本命から
のシグナルが無いようです!

他の筏の様子を聞いてみると、どこも似たような状況のようですがポツポツと
釣れているところもあると連絡が入ります!


午後の部に期待、、、!
さらに大風に見舞われますが、集中します。
昼過ぎに弱いながらボラが団子に触る時間帯があり、ラッキーなことに何とか
姿を見ることが出来ました。
sakana_convert_20090429220928.jpg
cyouka_convert_20090429215203.jpg

【タックル】
 竿:セレクション競技 1.4m、 リール:65WーSB、針:一刀チヌ 1~3号
 鬼掛シラサ用1~3号、ライン:ボナンザ 筏チヌFC1.7号 オモリ:ラバー
 コートガン玉 無し~6B、     撒き餌にボナミックスVを使用!

【配合餌】
 しろまる+三重チヌ、荒引きさなぎ、活きさなぎミンチ、押し麦など。
 チヌパワーと海砂で割れを都度調整。




入賞の皆さんです!
     おめでとうございます(^^)、  厳しい中お見事でした!!!

             優勝:粕谷忠史さん(チヌスタッフ)
準優勝:桑山清和さん(チヌ研伊勢)、   3位:前田穂高さん(チヌスタッフ)
nyuusyousya_convert_20090429221601.jpg
一番釣った方で、4尾、、、連盟全体で、21尾とかなり厳しい状況でした。
よく釣れている千賀さんだけに残念でしたが、この時期のムラは避けれない
ようですね。


恒例のお楽しみ抽選会です、、、メーカー協賛も多数、賞品・参加賞も多彩!
入賞はできませんでしたが、このまま手ぶらでは、帰れませ~ん(^^;
cyuuusennkai_convert_20090429221254.jpg

ジャンケン大会で、一気にボルテージはアップ、アップ、アップ!
jannkenn_convert_20090429221512.jpg


約30名の参加があり、いつもながら大いに盛り上がりました!
syuugousyasin_convert_20090429222205.jpg
天候にも魚にも嫌われた感じがありましたが、一日ワイワイと楽しく過ごすこと
ができました(^Q^)
 
今度は、秋の大会です、、、、、数釣りを存分に楽しみたいと思います!


【加盟クラブ】  
    桑名ちぬ倶楽部、チヌストーリー、チヌ研伊勢、関西黒釣会、チヌスタッフ

【協賛】
   フィッシング遊マルキューがまかつ東レクレハボナンザ釣研
   ハヤブサルミカDUEL黒鯛工房伊藤園、釣りエサ市場(0598-86-3011)

【渡船店】   
   千賀フィッシングパーク    0599-33-6073