FC2ブログ

有岡渡船

  • 2008/08/11(月) 23:55:47

8月9日(土)、クラブメンバーの福永氏のお誘いで、有岡渡船さんへ行って
きました。
共に初めてのポイントで、釣場についても近況も何もわかりませんが、過去
の実績と丸貝で面白い釣りができそう、、、という予想でいざ的矢へ!

伊勢志摩ロイヤルホテルを、東へしばらく道なりに行ったところにありました。
道沿いにあり、看板と自動販売機が目印で、見落とすことはありません。
matiaisitu_convert_20080809234037.jpg

駐車場も完備、、、、、桶類も揃ってます。
cyuusyajyou_convert_20080809233353.jpg


船着場は、駐車場からすぐのところです。
↓対岸には永田渡船さんが見えてます。
hunetukiba_convert_20080809233534.jpg

船着場から、1キロ程東へ行ったところに筏2基とカセが3ハイ、それぞれ
かなり離れたポイントに点在しています。

どこも沢山の牡蠣筏が並び、めっちゃええ雰囲気です!
kakidanahuukei_convert_20080809233903.jpg

たまに年無しが、”フゴォ~、フゴォ~”とフロートについた貝を食べる音が
してきます。
振り返ると水面から背びれを見せて、ガツガツ食べる姿が丸見えです!
また、牡蠣ダナを覗くと下の方にも、良型の姿がチラホラと見えます。
kasehuukei_convert_20080810001719.jpg

5時過ぎにカセに、、、早速、釣りの開始です!
餌などは、全く何も撒いてないのに、水面近くに沢山フグが群がっています。
水深は、約8㍍で潮は殆ど動かず、穏やかそのもので小さな当たりも見逃す
ことも無い感じです。

まずは、カラス貝をつけて、、、!
中層くらいから注意をして何度もゆっくりと、、、時折止めたり落とすスピードを
変えたりと丁寧にしつこく落とし込みます。
しかし、水面から底近くまで、しっかりフグが触ってくるので紛らわしいです。

何度も何度も繰り返し、様子を見ていると、6時30分、着底直前にフワフワっ
とした当たりで大きく合わせます、、、ガッツ~ンと肩で竿が止まりました。
まずまずの手ごたえです。
ラッキーなことに牡蠣ダナの下に突っ込まず、前方へ走ってくれました。

しかしながら、もう少しのところでラインブレイク~、、、!!!
針ごと何度も無くなっていたので、毎回注意はしていたのに、、、、、残念!!

居ることは分ったのでカラス貝を撒き、少し時間を置いて再度落とし込みを
やってみますが、浅場でのバラシのせいでしょうか、、、気配がありません。

状況を変えようと9時頃から団子を打つことにします。
団子は、三重チヌをベースにして荒引きさなぎ・活きさなぎミンチ・押し麦・
チヌパワーを混ぜたものをやや柔らかい目にブレンド!
カラス貝を割ったものと丸貝のものをグチャグチャに混ぜて1~2時間に一度
集中して底撒きします。

そして打ち返していると、11時30分頃、福永氏から、「アケミの丸貝で45㌢
程のが、来ました~!」と景気のいい連絡が入ります。
着底後、5分程して丸貝に当たりが出たとの事でした。

連絡を受け、こちらもキバって打ち返しますが、中々当たりがありません。

しかし、13時45分にようやく、カラス貝で一つ、、、、着底と同時に当たりが
でました。  
ただサイズが~、、、カラス貝で30㌢程とは(^^;)
ま、この状況でカラスで取れたので、とりあえずヨシとするかと無理やり納得!
tagecyouka_convert_20080809234310.jpg
このサイズなら、もう少しは居るだろうと期待するものの気配を感じません。


夕方、フグの活性は、全く変わりませんでしたが、雰囲気はありました。
特に17時頃からは、時折プクプクと泡も出て、大型の気配を肌に感じます。
カラス貝を取られたり潰されたりということは無いものの、ジャれるように
触ってくる感じが分ります。
何とかデカバンをと、何度も何度も丁寧に誘いましたが、食わせることが
出来ませんでした。

遠く離れた湾奥の福永氏は、17時に丸貝で中型を追加! お見事!
hukunagacyouka_convert_20080809233447.jpg

水深も手頃で、潮もゆっくりなのでじっくりと落とし込みの当たりを取るには、
抜群のポイントだと思いました。

上がってから駐車場の横の待合室で、船頭さんに冷えたコーヒーとおしぼり
を出して頂いて、釣場のことなど色々と聞かせてもらいました。
これからの時期は、しっかりと数がでてくるとの事でした。


【タックル】
  竿:1.4m、リール:65W、ライン:筏チヌFC 2.0号、錘:ラバーコート
  ガン玉 3Bまで、 針:丸貝チヌ5~6号 
  ラインの結び目のゆるみ防止にノットガードVを塗布
    
【渡船店】 
  有岡渡船 0599-57-2606



スポンサーサイト