尾鷲(天満浦)

  • 2008/01/29(火) 00:23:10

1/27(日)、尾鷲の天満浦にある岩本渡船に行って来ました。
今回は、多頓会の日比野さんと一緒です(^o^)

昨年7月の大曽根浦以来の尾鷲、久しぶりの大物場にワクワクドキドキです。

5時過ぎに尾鷲に到着、コンビニで少し休んでから天満浦へと!
久しぶりに顔を合わる日比野さんと、しばしチヌ話に花を咲かせます。
6時30分に船頭さんが到着、荷物を準備していざ出撃です。

dc012701.jpg
 気さくな船頭さんです(^^)
船着場のすぐ横にはトイレがあり、駐車場も真横と便利です。

天気は抜群で景色も抜群、何とも心が癒されます。(火力の煙もまっすぐ)
船着場から大きな提を越えて養殖コワリ郡へと!
dc012710.jpg
養殖コワリが沢山並び、大物が潜んでそうな雰囲気で気持ちが高ぶります。
水深は、約17㍍で潮は殆ど動きません。

場所の方は、船頭さんにお任せし、私は湾口向きに座ります。
dc012706.jpg
まずは、団子から、、、今回は、あかまるベースの柔らかい団子と三重チヌベース
のパサパサ団子を準備して、ポイント作り用と打ち返し用でやることにしました。
モンスター狙いなのでラインは2.5号と3号、リールは下向きと上向きのタックル
を2セット準備。
柔らかい方のコテコテ団子をしっかりと打ってから仕掛けをセットします。

様子を見てみるつもりで、ボケをつけて0.5号の錘で第1投、着底後いきなり穂先を
押さえ込む当たりが!
反射的に大きく合わせるものの残念ながら針掛かりせず。ん~何やったんでしょうか?
次も同じように落とし込むと今度は、当たりが分からないままボケがありません。
餌取りのようですが、いきなりの好反応に否応無しに期待が高まります。

それからは、一気に当たりは遠のき、殆ど反応がないまま時間が過ぎていきます。
とにかく何もかも寄せるつもりでしっかりと打ち返しました。
昼前から、団子の打ち方にメリハリをつけてみるものの、一向に変化がありません。

日比野さんもあの手この手と打ち返すものの、当たりがないとの事で互いに辛抱の
時間が続きます。
dc012719.jpg


13時30分に中通し錘の2号に変えて、少し扇状に探ってみるとボケに待望の当たり
がでました。
ドキドキしながら大合わせ、、、、、アイヤ~正体はフグでした。速攻でリリース(^^;
dc012725.jpg

大物キラーの日比野さん、びっくりサイズのヘダイに苦笑い(^^;
dc012723.jpg
再び、辛抱の時間が続きます。

そして16時頃に突然、「来た~!!!」と日比野さんの叫び声が、、、竿が大きく
曲っています!
激しいやり取りを見ながら、慌てて駆け寄ると、、、、「あっかん、ロープや~」と!
ロープにまかれた様子です。
覗き込んで見ても姿が見えません。何とか外れないものかと、、、ん~残念です!
大物キラーの日比野さんをもまいてしまうとは、、、、やっぱりとてつもないやつが
いました。

こちらも、、、っと打ち返しますが、ボケが吸われるだけで心臓がバクバクするような
当たりはないままに16時30分納竿としました。

結果は、フグ一匹と厳しいものでしたが、すっかりモンスターが潜む天満浦に魅せら
れてしまいました。

年無し行脚は続きま~す(^^;)


スポンサーサイト

ようやく南下

  • 2008/01/26(土) 09:05:32

随分と遅ればせながら、ようやく南下します。
今日は、いつもの如く子守りの合間にタックル諸々準備をしました。

団子はそんなに大きく変わりませんが、何と言ってもラインが前回
までは、0.6~1.0号だったのに(今頃、こんなサイズを、、、(^^;)
久しぶりに2.5~3号を巻くととても太く感じました。
「こんなんで当たり出たっけ?」などど記憶が、、、???

針も大きくても2号まで位だったのに、合わせて竿も一気に衣替えです。

20080126090532

そういえば昨年、年無しは一枚も釣ってないし~、、、、
たまにはモンスターとバトルをしてみたいです(^_^;

フィッシングショーOSAKA 2008

  • 2008/01/22(火) 00:03:28

今年もフィッシングショーの時期がやってきました。
少し早いと思いましたが、前売り券を買ってきました。
月日の経つのは、本当に早いもので一年前のことが昨日のように感じます。

新製品・イベント・トークショー・特売など盛り沢山との事で待ち遠しいです。
また、久しぶりに顔を合せる方と話ができるのもとても楽しみにしています。
一日ゆっ~くりと回ってみたいと思っています。

今年はどんなサプライズがあるでしょうか???
dc020401.jpg
前売りを買っておく方が、並ばなくていいのでスムーズに入れます。

これもやっぱり我が家では、一回の釣りとしてカウントされますが、年に一度の
楽し~い催しなので釣行切符を使いま~す(^^;


ネット親睦会

  • 2008/01/19(土) 09:28:04

近隣のネット仲間の集いです。

チヌァーさん以外は、はじめて顔を合わすというのにいきなり超盛り上がり。
19時~翌3時半までと、筏に乗ってる時間並みになりました。
それでも、まだ話は尽きず、、、、チヌ談義に終りはありません~!!!;

dc011901.jpg
しげぞ~さん、チヌァーさん    関西チヌクラブの橋本さん、伊藤さん
皆さん、立派に頭に「き」がつく程のナイスガイです(゚o゚)

おそらくネットがなければ、こうして顔を合わすことはないでしょうから、改めて
ネットパワー・時代を感じます。
我が家では、この親睦会はどうやら一回の釣りとカウントされそうですが、熱い
釣友ができたので何よりでした(^Q^)

出撃~

  • 2008/01/15(火) 08:47:53

遅ればせながら、初釣りに行ってきました。
例年1月4日に出撃ですが、年末からの風邪が治まらずようやく出撃です。
日曜日なら、鳥羽方面と思っていましたが、北西11m、波3mの予報に断念!
月曜日、鵜方(田畑渡船)に行くことにしました。

この日は寒い日でした。北西8~9m、最低気温0℃、最高気温6℃
5:45に現地に到着。船着場は風はそうでもありませんが激寒です。
寒いというより風が当たるところが痛いという感じです。

しかし、この寒いのに好きなチヌ師が沢山、、、3連休最終日だというのに。

クラブメンバーの青木さんと一緒に水深24mの筏に降ろしてもらいました。
まずは、三重チヌ+あかまるベースのベチャネバ団子にシラサをたっぷり
混ぜてポイント作りから。
荷物を飛ばされないよ~に注意しながらゆっくりと仕掛けをセットします。
期待に胸膨らませ初釣りスタートです。

シラサエビを主体に探りを入れますが底から中層まで全く生命反応無し。
「流石にすぐはないか~」と思いつつ、坦々と打ち返します。
dc011409.jpg
  沖のポイントは満員御礼です。

トーナメンターの青木さんも寒さで少々固まり気味!?
dc011401.jpg
しかし、広角に探ったり、落とし込んだりと見る度に違うことをやってます。
「うちも、ごそごそやる方やけど、青木さんのが豆やな~」と実感!

しかし、二人で打てども打てでも生命反応無し、、、、、今日は本当にやばいかも
と焦りつつ、「こりぁ食に走るしかないか~」てな案配で思い切り底撒きしておいて
好物のカレーうどん攻撃!
これはコンロの上に置くだけでokなので楽チンです。
dc011411.jpg

お腹もいっぱいで再開、、、「よし、さっきの撒き餌が効いとるはずや~」と再び
期待に胸弾ませ、午後の部スタート!!!

チヌは何処に?いつまで経っても全く反応がありません。
しかし、来るであろう時合を信じて打ち返しだけは絶やさないように気張ります。
13時になり14時になりと時間だけが過ぎて行きます。
そして15時を少し回った頃にようやくチヌの気配を感じました。
「遅かったな~」&「せやけど、よ~来てくれました」と遅かりし本命に涙、、、!

入れ食いになると思いきや当たりは激渋、、、何故かはっきり分かる当たりでは
うまく針に乗りません。
びっくりするような当たりがあった後にそお~っと回収するとシラサは無傷の連続!
ほっぺでシラサを叩いているだけなのでしょうか???

今までとは随分様子が違い、団子から抜けてあまり誘うと逆にダメのようです。
やや緩めて止めて辛抱するのがいいようで、気づくのにしばらく掛かりました。
ゆっくりじわーっともたれるような当たりを辛抱して合わせるっという感じです。
水温の影響でしょうか???沢山いる感じなのにえらい慎重です。

青木さんの竿も曲がりますが、同じく食い渋るチヌに苦戦を強いられているようで
お互いに「何で食わんのや~乗らんのや~!」とぶつぶつ(^^;

dc011415.jpg

15時過ぎからあれこれやって見てこのサイズ7匹↑が精一杯でした。
夕方は確かに沢山居たのは間違いなく、あの状況でどうして食わたらいいのか
もっといい方法があったはずだと考えさせられる一日でした。

天気も活性も厳しい一日でしたが、お互いチヌの姿を見ることができたので
「まずはメデ鯛~!」ということで鵜方を後にしました(*^-^*)


今度は、ガツ~んと初年無しと行きたいところです!!!



【使用タックル】:竿・1.35m、リール・65W、ライン・ナノテック0.8号、
         針・極細チヌ針1号、錘:ラバーコート ガン玉 3Bまで

お昼休みに

  • 2008/01/09(水) 13:39:28

今日は、冬とは思えないような暖かい日でした。
車の中では、汗ばむ程、、、こういう日に筏の上に居りたいものです。

四日市のコンビナート(霞ヶ浦)で仕事だったので、お昼休みにすぐ
近くの海に行って見ました。
ここは、魚が回遊してくる頃になると沢山の釣り人で賑わいます。
20080109174101.jpg
↑春は、イカ釣りでびっしり、夏~秋は、サビキ釣りでびっしりです!

20080109133927
↑このコンクリの下には良型のチヌが居ます!



もうひとつのポイントは、霞ヶ浦の一番先っぽ(一番東)です。↓
遠くには、知多半島と右の方(下写真右)にはチヌの落とし込みでも
有名な霞一文字堤が見えています。
今は、アイナメ・マダカが沢山釣れています。
20080109173434.jpg

平日(しかも冬)だというのに釣り人が3人、サビキ・落とし込み・紀州
釣りをやっていました。(霞釣り公園)↓
ここは、特に紀州釣りが盛んで、今日も柄杓で団子を遠投している姿
が見られました。
20080109134648.jpg
姿は見れませんでしたが、何度も豪快な合わせが入っていました。

仕事で霞ヶ浦へ行った時のお決まりのコースです(^^;

のんびりと

  • 2008/01/06(日) 15:57:13

今日は、筏の上だったはずですが、急遽病院やら子守りやらと(^^;)

コンビニでおやつを買うという約束で何とかフィッシング遊へ寄り道!
2008年のfishing note(つり手帳)をもらって僅かな時間でさ~と
店内を物色、、、、、「あ~、もうちょいゆっくり見させてや!」と訴えも
聞いてもらえず!!!
20080106170445.jpg


コンビニで大人しくさせ、そのまま津の日本鋼管周りの釣場へ
もういっちょう寄り道、、、、様子見だけですが!
(かあちゃんには、内緒やぞっ~と、、、!)
ここは、チヌをはじめ色んな魚が釣れることで有名で、各地から
釣り人が訪れ、休日ともなると車を止めるのに苦労する程です。
20080106155712
 テトラ周りではカサゴやメバルなどが釣れていました。

チヌも非常に濃いところで、シーズンになるとウキ釣りや紀州釣り
なども盛んでデカバンも沢山釣れます。
年無し級が泳いでいるのは何回も見たことがあります!

やっぱこうして見ていると竿を出したくなりますネ~(;^_^A アセアセ・・・

初釣行は、

  • 2008/01/05(土) 22:02:19

長引いた風邪からようやく復活!よっしゃ~出撃っ~!!!

団子もok、マイ冷蔵庫の活きさなぎミンチ・オキアミ・コーンの解凍もok!!!
準備はほぼ完璧、、、、後は、ボケを買いに行くだけ~というところで家族が、
2人高熱でダウン(;_;) グスッ

残念ながら1月5日or6日に予定していた初釣りは断念、、、(T_T) 涙

↓気晴らしに釣り大会~、、、気分だけでも筏の上、、、のつもり(^^;)↓
dc010503.jpg
 
自分だけ復活してもだめでした(^^;

この時期はこれがありますからネ~、、、、!
釣行切符は持ち越し、、、、来週こそは、出撃しま~す!!!

そろろそ

  • 2008/01/03(木) 21:45:19

正月前から風邪を引いてしまい、辛抱たまらず2日の朝から病院に出撃!
普通の風邪だと分って安心しましたが、熱も中々下がらずノドは千切れそうに!

まだ、少しフラフラしますが、ぼちぼちと始動せねば~(^^;
dc010605.jpg
               ↑は、200年1月4日 

今年も、チヌの濃~い年であって欲しいところですが、、、さ~て2008年は
どんな案配でしょうか?

謹賀新年

  • 2008/01/01(火) 17:15:55

あけましておめでとうございます(^Q^)

本年もよろしくお願い致します

IMGP0673.jpg
    津マリーナにて初日の出! 2008年1月1日
    とても綺麗な初日の出でした(^_^)

    
    今年も一年楽しくチヌ釣りができますようにm(__)m