三重チヌ連盟秋の大会

  • 2007/09/24(月) 22:41:31

9月23日、池の浦釣り筏で、三重県チヌ連盟の秋の大会が開催されました。
まずまずの天気で、久しぶりに顔を合わす釣友とも会話も弾みます(^o^)

秋の大会なので数を競います。
いつもながら筏釣りは荷物満載!
いざ出陣、、、、気合を入れてGO~!!!

dc092361.jpg

どの筏も釣りやすい穏やかな日ですが、ここ数日前から状況が厳しいとの事!
大会となると何故か、、、、、、パターンでしょうか(~_~;)
何とかいい日でありますようにっと!!!

dc092307.jpg
       ↑     周りの様子も気になります。↑


厳しい状況の中、数釣りを楽しんだ(浅い側の)11号筏
dc092303.jpg


2号、4号、5号筏は餌取りの活性も低く、、、、苦戦を強いられます。
釣座によってもムラもあるようでした。
dc092364.jpg



4号筏で9時頃にパタパタ~っと連ちゃんで来たので「よっしゃ~、入れ食いや~」と
思いきや「あらら~」、通りすがりのようで、その後は11時30分に1尾、13時30分
に1尾がやっと(^^;
当たり餌だと予想していたコーンも余り気味。 来たのはオールシラサでした。
大半が20㌢強、、、、31㌢がひときわ大きく見えました。
dc092370.jpg


二桁釣果の上位3名。
3位:栗津貴司さん     優勝:杉下吉克連盟会長    準優勝:宮崎聖佳さん
  (黒釣会)            (チヌスタッフ)         (チヌスタッフ)
 dc092353.jpg
  おめでとう御座います (^^)// ハクシュハクシュ


お楽しみ抽選会です。 
各メーカーの協賛もあり、賞品は多彩、、、、やっぱこれは楽しみです(^_^.)
フィッシング遊マルキューがまかつ東レクレハボナンザ釣研
ハヤブサ金龍針ルミカ

dc092334.jpg


最後はコーヒー&おつまみでプチ懇親会、、、、他のクラブの釣友とも楽しい時間
を過ごすことができました。
のんびり一人もいいですが、ワイワイと皆で楽しくやるのも格別です。

この模様は、三重テレビ放送「おはよう三重」毎週金曜日朝7:22から「速報!フィッ
シングポイント
」で放映されます。(10月中旬)

今度は春の大会、、、、、のっこみチヌをガツッーンと釣り鯛です~!

スポンサーサイト

シラサエビ

  • 2007/09/21(金) 22:03:29

現地に行ったら荒れてて乗れなかった時や全く使えなかった時など、どうしても丸々
余る場合があります。
滅多に無いケースですが、何とか次の釣行に使えないかまた、どの位生きてるもの
なのか興味本意で色々やってみました。


45Lのコンテナとそれがスッポリ入る蓋付きの入れ物を用意。(屋外の為、熱対策)
管理が楽なので、園芸用ネットで作ったエビ入れ物事浸けます。

P9160025.jpg

  とにかく、家にあったもので作りました。

↓100VAC用のブクと濾過器をセット。(これでも結構、豆に水の交換が必要です。)

P9160032.jpg


 ↓ 園芸用ネットで作ったエビ入れ
P9160029.jpg


彼らは、冬は強いので楽勝ですが、真夏はとても持ちません。
(酸素はもちろんですが、熱が難しいポイントです~)
残ったエビが少ない場合は、20㌢角のエビブク(よく売ってる)のまま冷蔵庫に
入れるのがベストです。(もちろん,エアーは要ります)
ただし、急激な温度変化には弱いので中止が必要です。
冷たい水を一気に入れたり、常温の水に一気に戻したりは即死です(^^;

もう一つ大事な注意点が、、、、、ご自分の専用冷蔵庫でなさって下さい。
私達にはかわゆいエビ君ですが、食卓にかき揚げ丼が出ても困りますしネ!


しかしながら、家庭でやろうと思うと限界がありますので、手間ひま・機材・水道代な
どを考えるとリリースしてくるのがいいんでしょうね!


答志島 (2回目)

  • 2007/09/19(水) 23:38:51

先週に続いて9月17日、答志島へ行ってきました。
今回は、乗ったことの無い刈谷のポイントへ行って見ようと思っていました。
船頭さんの「刈谷は細かいで止めとき~!」との一言で「今日は刈谷や~」と
決めて来た気持ちが最後でぐらつき、浮島に降りることに、、、、!

↓ 降ろしてもらったのは、先週とひとつ隣の浮島のカセ 
P9170026.jpg

アケミ貝を割ったものを底撒き器を使って直下に落とし続いてシラサエビ・
サナギ・コーンを混ぜた柔らかい団子でポイント作り。
ナノテック1.2号ラインに1号針をセット、竿は1.25㍍。
朝一から団子釣りで打ち返し、底から浮かさないように注意していると数投目で
オキアミとコーンの餌に30㌢弱のチヌがパクリ(^^)V 
「おおー幸先がええ~」、前回はあの手この手で一尾目が来たのは10時30分。

そこから連ちゃんこそないもののポツリポツリと釣れて昼で7~8尾。
餌取りはアジ、アイゴがきつく、その他フグ、チャリコなど。

↓   26~35cm   18尾
P9170041.jpg

中層でアイゴが団子にアタックしてくるのでやや強目に底まで持つように握ります。
団子が割れるとすぐに前当たり、、、、本当たりまでの時間も短く当たりも割と大胆
、、、、、かと思えば居食いしている時もありと様々(^^;

その時々の餌取りの状況や潮の状況など含めて、今チヌはどこら辺にいるのか、、、
誘た方がええのか止めといた方がいいのか、、、、、
また、どういう誘いがいいのかなど常に海底をイメージしながら変化に対応して
かなあかんな~としみじみ感じました。

あっという間で一日が終了!


↓  クラブメンバーの福永さん(隣のカセで)
P9170019.jpg
  肘が痛いと言いつつ35尾と大釣り、、、お見事~(゚o゚)


またまた、次回頑張ります!

 

救命胴衣復活

  • 2007/09/18(火) 20:08:37

この8月に車に入れておいて膨らんでしまった膨張式救命胴衣
ガスボンベ・スプールを交換しました。

 ↓ 救命具をペロリとめくるとこうなっています。↓
   笛、引き手、補助的に空気を入れる口など、、、
P9160003.jpg

↓ 交換用の(オレンジ色の)スプールとガスボンベと安全ピンのセット 
P9160006.jpg


↓ オレンジ色のスプールを先に差し込んで、ガスボンベをねじ込むだけで
とても簡単でした。(安全ピンは折れてなかったので未交換)

P9160008.jpg

ボンベ・スプールセットはメーカーや使用状況にもよると思いますが3年目処で
交換したほうがいいようです。

まだまだ普及率は低いように思いますが、最近はとてもシンプルであまり
負担にならない製品やウェストポーチタイプもあります。

答志島

  • 2007/09/11(火) 00:47:55

9月9日、答志島へ行ってきました。
「近いし何時でも行けるし~」という感じで、昔からチヌの濃いとろだと聞いて
いましたが、今回が桃取初釣行です。
船を待っている間に常連の方に近況やポイントについての特徴など聞いて
心の準備をします。

降ろしてもらったのは、浮島のカセで牡蠣棚の周りにカセが沢山着けてあり、
いかにも釣れそうな雰囲気で360°景色も抜群。
dc091011.jpg
日曜日とあって満員御礼、、、どこも大盛況です!

水深は17㍍程で聞いていたより深く、潮はやや早めで仕掛け&底撒き器を
使って少し上(かみ)にポイントを作ってからタックルの準備。

上には小さなグレが群れており、中層から底にかけてはアジが沢山いるようで
極力、浮かさないように打ち返します。
団子は着底してすぐに割れるようにボソタッチに調整。
しばらくすると周りでは早くもチヌが姿を見せはじめました。
こちらもペースを上げて、打ち返すものの中々当たってきません。

20070910221832.jpg

錘無し~錘のサイズを替え、流したり少しブレーキをかけたりと色々してみる
ものの結局、錘無しで団子が割れる直前にラインを1~2㍍出してようやく
オキアミでヒット。
「今日は、シラサで釣ったろ!」っと意気ごんで来たのにさっぱりです(ー_ー)!!
10時~12時で小型が3尾と苦戦を強いられました。

後ろ側のカセを見ると頻繁に竿が曲がっており、完全に寄せ負けです!

夕方にかけて、アケミ貝、カラス貝を中心に落とし込んでみましたが、チヌからの
シグナルが無いまま17時を迎えました。

どこも釣果があり、二桁の方も見え答志島のチヌの濃さを実感しました。
「このままでは帰れません~!」なんて連ちゃんしたいところですが、、、、、
次回頑張ります( ;^^)ヘ..


フレンドリーCUP (三重・鵜方 田畑渡船)

  • 2007/09/04(火) 23:19:12

9月2日(日)メンバー6人で、田畑渡船で開催されたフレンドリーカップに
参加しました。

P9020003.jpg
 ↑大会実行委員長・葛西剛さん(左)  熱血っ田畑船長(中央)


P9020001.jpg
青木さ~ん、、、、メンバー集合やで~!


ワクワクのくじ引きでは渡船場からすぐのところの4番カセをゲット!
「よっしゃ、幸せの4番や~!」といざ出陣(^^;
朝は大物を狙おうか、、、と思いつつ辛抱できず気がついたら団子を集中投下。
餌取りはお土産にはグッドなアジ、、、でボラは早くから上層から底までびっしり。
「これはいける~」と思うものの肝心の本命の気配は無し(+。+)アチャー

9時頃には辺り真っ暗になり、紀東でもそうは無いかというような土砂降りでとても
竿を出せる状況ではありません。
しばしパラソルの下でコアラ状態。

昼前のメンバー情報では、どこもポツリポツリと上げてるようで一人取り残された
ような気分で少々焦り気味で~す!

昼過ぎにオキアミでようやく何とか1尾、、、、、かなり真剣です。
(写真撮っとる場合や無いんですが、、、(^_^;)
P9020020.jpg

気を取り直し、午後からに期待!
しかし、午前の大雨で一気に海は黄土色、、、「確かによく濁ってるけど~、、、!?」
13時30分~14時30分に、上やら周りやら這わせるやらと「どこに、おりますんや~!」
とばかりに探りまくってオキアミで3尾、、、、16時頃にボケでポツリでやがて納竿。
結果は、チヌ 24~27cm5尾、アジ10尾、メッキ1尾でした。

↓本大会では、筏釣りに対する安全対策も身に着けようということで、ライフジャケット
 着用の必要性についての講習や実演も同時に行われました。↓
P9020089.jpg
  
私事ですが、昨年9月にたまたま、仕事先で普通救命講習を受ける機会がありました。
心肺蘇生の方法などわかりやすく教えて頂きました。
(消防で無料で行っています。)
滅多なことはないと思いますが、一度受けられることをお薦めいたします。


 当日は、クロダイ2匹長寸で順位を競い、商品も多数(^o^)
P9020103.jpg
↑ 優勝:日比野貴優さん (2尾71cm)「やる時はやりまっせ~!」あかまるが重そう!

 P9020108.jpg
↑ 準優勝:原田正悟さん  厳しい中、お見事!
 
P9020047.jpg
↑ 3位:笠見和彦さん  流石、ポーズには慣れてますね。

P9020109.jpg
↑ 最多枚数賞:永澤学さん  (5尾) いつも沢山釣られてますネ!


あいにくの天気でしたが、和気藹々ぁと楽しい一日でした\(@^o^)/..


※がまかつのバッカンの忘れ物がありました。(船頭さんに預かってもらってます。)
 大会等沢山の方が集まる所では、お名前を書くなどご注意をm(__)m


 問い合わせ   SHIMAフィッシング 田畑渡船 
   三重県志摩市阿児町鵜方   ℡090-7685-2534